トップページ > 情報セキュリティポリシー

情報セキュリティポリシー

飯野海運グループ情報セキュリティポリシー


飯野海運グループは、情報資産(個人情報、顧客情報、企業秘密情報等)の保護の企業経営上の重要性を認識し、以下の通り情報セキュリティポリシーを定め、お客様をはじめ社会からの信頼を得られるよう、当社グループ全体として情報セキュリティの確保に取り組みます。

  1. 情報セキュリティ管理体制の整備
    情報セキュリティ管理体制を整備し、組織として統制された情報セキュリティ管理を実施します。
  2. 法令等の遵守
    情報セキュリティに関する法令、国が定める指針、当社グループで定める規程およびその他の規範を遵守します。
  3. 情報セキュリティ対策の実施
    情報資産に係る、不正アクセス、破壊、漏えい、改ざん、紛失等を防止するため、適切な情報セキュリティ組織体制を整備し、物理的・技術的・その他の対策を実施します。
  4. 情報セキュリティに関する事件・事故の予防と対応
    情報セキュリティに関する事件・事故発生の予防に努めます。万一、情報セキュリティに関する事件・事故が発生した場合には、被害を最小限にとどめるため適切かつ迅速に対応するとともに、原因を究明し、再発防止に努めます。
  5. 情報セキュリティ教育の実施
    当社グループの全役職員及び関係者に対して、情報資産の適切な管理を実行するための情報セキュリティに関する教育・訓練を継続的に実施します。
  6. 継続的改善の実施
    以上の取り組みを定期的に評価し、見直すことにより、情報セキュリティ管理の継続的改善を実施します。

2003年4月15日制定
2019年1月1日改定
飯野海運株式会社
代表取締役社長 當舍裕己

 
 
ページトップに戻る