経営理念

経営理念

安全の確保が社業の基盤
よいサービスと商品を社会に適正な価格で安定的に供給
取引先のニーズに迅速・的確に対応
社会的要請へ適応し環境に十分配慮
株主、そして役職員へのリターン充実を目指し企業価値向上を志向

行動憲章

「経営理念」を実現する具体策としてこの「行動憲章」を定める。
飯野海運グループ(以下グループという)とその役職員は、この憲章に従って行動する。

  1. 安全の重視
    • グループ事業で使用する船舶およびオフィス・ビルにおける事故は人命・顧客財産の損傷、環境汚染等をもたらす危険性が高く、安全を経営上の最優先課題とする。
  2. 社会への貢献
    • 公正、透明、自由な競争のもとで、質の高いサービスと商品を適正な価格で安定的に供給することを通じ、取引先の信頼と満足を得ると同時に社会貢献を果たす。尚、この憲章で取引先とは、契約の相手先等グループ事業の関係先をいう。
    • 社会の利益を損なうことがないよう、積極的に社会に貢献し、常に「世のため、人のため」を実践する。
  3. 取引先の尊重
    • 取引先との永い信頼関係はグループの繁栄をもたらす宝であり、役職員は応対の都度自分がグループを代表して信頼関係を築いているという意識をもって行動する。
    • 取引先を、代金を受け取る立場、あるいは支払う立場、あるいはその企業規模等で分け隔てることなく、どの取引先とも常に対等の立場にたち誠心誠意かつ親切丁寧に応対する。また取引先のニーズに迅速、的確に対応し、取引先満足度の向上に努める。
  4. コンプライアンスと社会秩序の維持
    • この憲章でコンプライアンスとは、法令の遵守を含めた『社会的要請への適応』をいい、グループはそのための体制をグループ内に整備するよう努める。
    • 役職員は、社会的要請を満たすため社会の規範および道徳律の趣旨を体して行動する。
    • 事業活動を行う各国・地域においても同様に各法令・規則を遵守する。
    • 役職員は上記に抵触する、あるいは抵触するおそれのある情報を知った場合は、飯野海運コンプライアンス委員会に直ちに報告する。
    • 社会秩序を尊重し、秩序や安全を脅かす反社会的勢力・団体とは一切かかわりを持ってはならない。
  5. 差別の廃絶・人権の尊重
    • 雇用、取引行為等において国籍、人種、宗教、年齢、性別その他不当な理由によって差別しない。
    • 職場においては人権を尊重し働きやすい環境の整備に努める。
  6. 環境の保護
    • グループの事業から生ずる環境への負荷を低減するため、内外の関連法規および国際ルールを遵守し、海洋、港湾、所有ビル隣接地域の環境保全に努める。
  7. 情報開示とコミュニケーション
    • 株主、取引先、従業員、地域社会等全てのステークホルダーの利益に配慮し、理解をうるため、十分なコミュニケーションを行うよう努める。
    • グループに不利な情報も含め適切かつ遅滞なく情報を開示する。
    • 個別取引先に関する情報、法人・個人を問わずプライバシーに属する事項は開示対象としない。