海運業

大型ガス船

大型ガス船部門は、LPG(液化石油ガス)やLNG(液化天然ガス)といった液化ガスを輸送するため、冷凍タンクやコンプレッサーといった特殊設備を備えた大型のガス船を中心とした船隊を運航しています。

飯野海運グループにおける大型ガス船の歴史は、1963年の外航大型LPG船「豊洲丸」の竣工に始まり、業界においてもパイオニア的な地位にあります。その長い歴史と経験、技術力に裏付けられた安全で安定的な輸送サービスは国内外の顧客から高い評価を得ており、中・長期契約を中心に幅広く営業展開をしています。

LPG輸送においては、業界のパイオニアとして培ってきた豊富な経験を生かし、主要輸入国である日本を含む極東や需要が拡大しているインド、東南アジア向け輸送をはじめ、世界各国を結ぶLPGの海上パイプラインとしての役割を担っています。

脱炭素の潮流の中でもLNGはその経済性や環境性から今後もベース燃料としての役割を期待されており、世界各地でのLNG開発プロジェクトの進展とともに海上輸送量が増大しています。飯野海運グループは、日本向けはもとより、三国間のLNG輸送プロジェクトにも早くから参画してきました。2005年からは、海外用船者向けLNG船「SK SUNRISE」でLNG船の自社管理も開始し、さらに2008年から、国内電力会社とLNG船の共有を開始するなど、多様なビジネスモデルによりLNG輸送事業の一層の拡大を図っています。

また、飯野グループが目指す環境負荷低減への取り組みの一環として、従来の燃料油に加えてLPGを燃料として使用できる2元燃料主機関を搭載した外航大型LPG船を2隻投入する予定です。本船が燃料として使用する LPG は、二酸化炭素(CO2)、硫黄酸化物(SOx)及び窒素酸化物(NOx)排出を従来の重油と比較して大幅に削減可能であり、安全且つ環境負荷の少ないクリーンなエネルギーです。本船は、2022年以降に建造契約が締結される大型ガス船等に適用されるさらに強化された二酸化炭素排出量規制に先取りして適応した最新鋭船となります。

お問い合わせ